北欧デザインの旅

北欧デザイン旅行HOMEストックホルム編 (2008/6/15~6/17)豪華客船シリヤラインでヘルシンキへ1

豪華客船シリヤラインでヘルシンキへ1

ストックホルムとはここでお別れ。
次は個人的には一番行きたかったフィンランドのヘルシンキへ出発。
豪華客船で有名なシリヤラインという船で向かいます。

ストックホルムのホテルから専用バスでストックホルムのバッタハムン港へ到着。

バッタハムン港

シリヤラインへ乗り込みます。が、ここでひとつイベントが。
シリヤラインに乗船するところに、超テンションの高いカメラマンさんたちが待機していて、
強制的に写真を撮られます。(ツアーの添乗員さんから事前説明あり)

強制的に写真を撮られる

私がカメラマンにカメラを向けるとにっこりとピースサインを返してくれました。

ハイテンションのカメラマンさん

撮った写真はすべて船内に貼りだされ、ほしい人はそれを購入できるそうです。
いわゆるジェットコースターで写真撮られる方式ですね。

撮影された写真たち

余りにも数が多かったため、自分たちの写真は発見することができませんでした。

乗って早々、謎の長身カップルがお出迎えしてくれました。

謎の長身カップル

船内はすごくにぎやかでちょっとしたデパートっぽくなっています。

シリアライン船内の様子

客室の中は、添乗員さんからスーツケースが広げられないくらい狭い
と聞いていましたが、それほど狭くなかったですよ。
ベッドは一つは普通ので、もうひとつは折りたたみ式のベッドでした。

シリアラインの客室の様子

プラス数千円で海側の部屋にできたのですが、
ケチってそうしなかったので窓の下には、先ほどのデパートのような風景が広がっています。

(イシイ氏も「部屋なんてどうせ寝るだけなんだから、海なんか見えなくていい」と言っていたのですが、
その言葉通り、その後イシイ氏はシリヤラインをほとんど満喫することなく、ひたすら部屋で爆睡することになるのでした。)

トイレとシャワーはこんな感じ。

シリアライン客室のトイレとシャワールーム

本当にシャワースペースのみ。
トイレは「グォォォォォー!」とけたたましい音を出して水を流します。
他の部屋のトイレの水を流す音も聞こえてきました。おそらく上の階かな?

さて夕食は船内のレストランバイキングへ。
今夜の夕食はツアーに組み込まれており、かつ時間と席は指定らしいので、
このツアーで初めてツアーの皆さん&添乗員さんと一緒にご飯を食べます。

しかも時間は乗船後すぐの17時からなので14時にお寿司を食べた私たちは
全然おなかが減ってない状態で挑まなければいけません。

長くなったので、つづきは 豪華客船シリヤラインでヘルシンキへ2 で。

北欧デザイン旅行HOMEストックホルム編 (2008/6/15~6/17)豪華客船シリヤラインでヘルシンキへ1