北欧デザインの旅

北欧デザイン旅行HOMEストックホルム編 (2008/6/15~6/17)フェザー島でアトリエ訪問

フェザー島でアトリエ訪問

さて、引き続きガイドさんの案内で、フェリーに乗ってフェザー島という小さな島に向かいます。

フェザー島にはいろいろな芸術家さんたちのアトリエがあり、
ストックホルムの人たちがちょっと出かけて羽を伸ばすスポットなんだそうです。
江の島的存在?
アトリエと併設して店もあり、デザイナーさんから直接商品を買うこともできます。
ストックホルム市内で買うよりもお買い得だそうです。
ただしTAX FREEは使えません。

でも観光本とかにもめったに載っていないらしく、
確かに、帰国後ブログを書こうと思っていろいろ調べてみたのですが、
フェザー島がどこにあって、どういった島なのか情報を探すことはできませんでした。

フェリー乗り場付近には屋台などもあります。
写真はニシンのハンバーガー屋さん。

フェリー乗り場付近のニシンのハンバーガー屋さん

フェリーの中は、窓際がぐるっとベンチになっています。
デッキに出ることも可能。

フェリー内の様子

フェザー島に到着。自然いっぱいの様子。

フェザー島から見た風景

フェザー島から見た風景

子育て中の鳥たちがたくさんいました。
「かわいい~」と近づくと、親鳥がめっちゃ威嚇してきます…。
驚かせてごめんなさい。

子育て中の鳥たち

訪問するのはレーナ(Lena.M.Karlsson)さんという方のアトリエ。
レーナさんはスウェーデンのテキスタイルデザイナー。
楽しさと子供らしさを組み合わせたデザインで多くのファンがおり、
可愛い動物たちのデザインが大人気。

アトリエの様子

中でもレーナさんアトリエで売られていたスポンジワイプという素材は
現在ヨーロッパで広く使われているエコなふきんだそうです。

※スポンジワイプとは?
スポンジワイプは天然パルプ100%のセルロースとコットンで作られていて、
使い捨てのペーパータオルと違って何度でも使えるので環境にも優しい。
使い終わった後は土に返しても土壌微生物により 100%分解されて地球に還元。
もちろん、使い勝手もよく、通常のふきんの2~3倍ほどの水を吸収するうえ、乾きが早くてとても衛生的。

↓レーナさんデザインのスポンジワイプは楽天などでも購入可能です。

他にもたくさんの方のアトリエらしきものを見て回ったりしました。
中でも私が一番気になったアトリエはこちら↓。
ガラスの作品が中心のようです。

気になったアトリエ

可愛くて欲しいなぁと思うものはたくさんあったのですが、
ここでもやはり高くて気軽に手が出る値段ではありませんでした。
いつになったら買い物できるんだ…。

北欧デザイン旅行HOMEストックホルム編 (2008/6/15~6/17)フェザー島でアトリエ訪問