北欧デザインの旅

北欧デザイン旅行HOMEストックホルム編 (2008/6/15~6/17)Birger Jarl Hotel (ビルエル・ヤール・ホテル)

Birger Jarl Hotel (ビルエル・ヤール・ホテル)

専用バスでホテルへ。

泊まるホテルは Birger Jarl Hotel (ビルエル・ヤール・ホテル) というデザインホテル。

今回のツアーはデザインツアーなので、泊まるホテルも一応デザインホテルなのです。

地球の歩き方にも最初のページにでかでかと載っているので、結構有名なホテルなのかな。
過ごしやすいかどうかはまた別の話なのですが・・・。(後述)

ストックホルムの中央駅からはちょいと離れていて徒歩10分くらいかかります。

Birger Jarl Hotel (ビルエル・ヤール・ホテル) の外観

ドキドキしながら部屋の中に入ってみると…
めちゃくちゃデザインされているっ!ってわけでもありませんでした。
結構狭くて、ビジネスホテルみたいだなぁ…。

Birger Jarl Hotel (ビルエル・ヤール・ホテル) の部屋の様子

雑誌や本に載っていた部屋の様子よりだいぶリーズナブルな感じ。
一部屋ごとに違ったデザインになっているらしいのですが、ほかの部屋はどうなっていたのかな。
もっと高い部屋だともっと広くてデザインされているのだろうか。うーむ。

Birger Jarl Hotel (ビルエル・ヤール・ホテル) の部屋の様子

お風呂はバスタブあり。
ガラスの仕切りが半分くらいしかないので、シャワーをするとあっちこっちに水滴が散らばってしまう。
蛇口の操作も日本のものと違っていて、操作を理解するのにかなり手間取りました。

Birger Jarl Hotel (ビルエル・ヤール・ホテル) のお風呂&トイレの様子

さて夜食を買いに近くのスーパーへ。
出前一丁が「DEMAE RAMEN」の名で売られていました。
7.5SEKだから150円くらい。
物価の高い北欧ではかなり安い?

出前一丁

しかし、20時なのにまだこんなに明るいなんて。

この時期ストックホルム22時近くまで日が落ちないそうな。
さらに朝は4時前には日が昇ります。

20時なのにまだ明るい街の様子

時差ぼけに加えて、いつまでも明るいこの白夜。
早くも体内時計の調子がくるってきました。

明日からは本格的な観光です。

北欧デザイン旅行HOMEストックホルム編 (2008/6/15~6/17)Birger Jarl Hotel (ビルエル・ヤール・ホテル)